ブログ詳細

ブログ詳細

オープンキャンパス日程一覧

  • 8月25日(日)09:00
  • [特別講習会]
  • スペシャルイベント 洋菓子コース
  • スペシャルイベント 洋菓子コース
  • ザ・リッツ・カールトン カパルア ハワイ エグゼクティブ ペストリーシェフの木津 慶和講師によるスペシャル企画。プロの講師による繊細で多彩な技をご覧いただきます!

  • 詳しく見る

2019年05月01日(水) | ブログお菓子にまつわるエトセトラ

三色団子の由来!三色の意味や味の違い

ピンク、白、緑…と、目にも鮮やかな三色団子。お花見の席で見かけることも少なくなってきましたが、かわいらしいこのお団子、誕生したのは今から400年以上も前、安土桃山時代でした。その歴史を辿ると、お花見で三色団子を食べたくなるかもしれませんよ。 

三色団子のはじまり 
豊臣秀吉が天下を取っていた、安土桃山時代。1598(慶長3)年に秀吉の命で『醍醐の花見』が開催されました。 

京都の醍醐寺にて、王室や側室、武将や一族など、総勢1300人以上を招待されて開かれたこのお花見。数ヶ月かけて700本もの桜が植樹され、女性は2回以上お色直しを行ったと言われています。この会こそが、お花見で飲食をするようになった始まりです。さすがは派手好きな秀吉、やることが違いますね。 

そして、そのお花見にて考案されたのが「三色団子」という説があります。団子好きの秀吉が、当時の定番だった“白い団子に醤油をかけたもの”より、もっと女性も楽しめるような、かわいらしくて甘いお団子を!と考え、誕生しました。 

三色に込められた意味 
色に込められた意味には諸説あるようですが、季節を表している、という説もあります。 
・ピンク・・・桜の咲く春
・白・・・雪の降る冬
・緑・・・新緑が生い茂る夏 

ちなみに秋がないようですが、「秋がない」=「飽きない」と「商い」を掛け合わせ、“いくら食べても飽きない、商売繁盛”を願った団子屋さんのユーモアが込められていたと言われています。 

他にも、三色は全て“春”を表しているという説もあります。 
・ピンク・・・桜
・白・・・白酒(お祝いの席で飲まれる酒)
・緑・・・よもぎ 

いずれも日本の美しい季節を感じさせる説ですね。 

三色の順番 
“三色団子の由来”と“三色の意味”を見てきましたが、実際どの順番で刺さっていたか、即座に思い出せない方もいるのでは? 

順番の正解は、ピンク、白、緑です! 

覚え方のコツとして、“桜が咲く順番”を想像するとよいでしょう。ピンクは“桜のつぼみ”、白は“満開を迎えた桜”、そして緑は“散った後の葉桜”です。桜の木の下で桜に見立てたお団子を食べるなんて、とても素敵ですね。 

“三色の順番”のもうひとつの説として、“大地”を表わしているというものがあります。 

ピンクは“空に登る太陽”、白は“地面に少し残る雪”、緑は“残雪の下に芽吹く新緑”。こちらもとても風情ある、春を感じさせる説です。 

桜咲く春に生まれた三色団子。豊臣秀吉により発案され、かわいらしいその色にはそれぞれ意味があるとは…和菓子の世界も奥深いものがありますね。 

日本菓子専門学校では、洋菓子のみならず和菓子も専門的に学ぶことができます。ぜひ一度当校のオープンキャンパスにお越しください。 
↓お申込み・詳細はこちらから↓ 


▲ページTOPに戻る

所在地
〒158-0093 東京都世田谷区上野毛2-24-21
TEL.03-3700-2615(代) FAX.03-3700-8257

トップに戻る